So-net無料ブログ作成


 訪問ありがとうございます!感謝!

兄弟ブログ『風の詩』もよろしく!

ホームページ『風の友達』もよろしく!

紫陽花のうた [花]

やっと雨が降り、なんとなく梅雨らしくなって来た。

けれど、九州南部などは、今度はどしゃぶりで、災害に見舞われている。

地球も怒っているみたいな気がする今日この頃です。


7月4日告示、7月21日投票日の参議院選挙が始まりました。

安部一強でやりたい放題の悪政を止めるために闘っている野党が伸びて欲しいと思う。

そして、何よりも多くの国民が民主主義の基本である投票権を軽く見ないで、行使して欲しい。

自分には関係ないと棄権する人が多いけど、大いに関係しているのに見えてないだけと思う。

偏見や先入観にとらわれず、冷静に見れば、見えてくる物があると思う。

政治を軽くみたり、敬遠しても、結局我が身に降りかかってくると思う。


話は変わるが、今は、紫陽花の季節

紫陽花といえば、梅雨の雨に濡れた花を私は想起する。

私にとっては、紫陽花と梅雨の雨はセットで心に焼き付いている。

が、その雨に濡れた紫陽花が写真に撮れなかった。

夕日に映える紫陽花を眺めていると思い出すことがある。

それは、高校時代の教科書にもあった三好達治の詩「乳母車」

なにか強烈に私の心をとらえて、忘れられないのである。

今、読み返してみても、やはり、ステキな詩であると思う。


             乳母車


  母よ
  淡くかなしきもののふるなり
  紫陽花(あじさい)いろのもののふるなり
  はてしなき並樹(なみき)のかげを
  そうそうと風のふくなり


  時はたそがれ
  母よ 私の乳母車(うばぐるま)を押せ
  泣きぬれる夕陽にむかって
  轔々(りんりん)と私の乳母車を押せ


  赤い総(ふさ)ある天鵞絨(びろうど)の帽子を
  つめたき額(ひたい)にかむらせよ
  旅いそぐ鳥の列にも
  季節は空を渡るなり


  淡くかなしきもののふる
  紫陽花いろのもののふる道
  母よ 私は知っている
  この道は遠く遠くはてしない道


DSC_9648.JPG


DSC_9649.JPG


DSC_9650.JPG


DSC_9659.JPG


DSC_9664.JPG


DSC_9689.JPG


IMG_0560.JPG


IMG_0561.JPG


IMG_0563.JPG


IMG_0565.JPG


IMG_0567.JPG


IMG_0574.JPG


IMG_0576.JPG


IMG_0577.JPG


IMG_0580.JPG


IMG_0581.JPG


IMG_0583.JPG


IMG_0588.JPG


IMG_0590.JPG


IMG_0592.JPG


IMG_0593.JPG


IMG_0596.JPG


IMG_0609.JPG


IMG_0615.JPG


IMG_0619.JPG


IMG_0621.JPG


IMG_0624.JPG


紫陽花つくしで今日は終わりにします。よろしく!









nice!(45)  コメント(13) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 45

コメント 13

斗夢

野党が今のままでは自民党に勝てないですね。
主義主張をいいますが、何のことはないみんな
お山の大将になりたいんでしょう。
政治をしたいんじゃなくて給料取りになりたいだけ。
自民党も一皮むけば様々な考えの集まり。
野党も同じようにまとまればいいんですよ。
小党で何ができる?
by 斗夢 (2019-07-08 18:44) 

路渡カッパ

アジサイは種類も多くて楽しいですね♪
選挙、行かなかったことはほとんど無いです。ただ入れた候補者が当選したこともほとんど無いかも・・・
by 路渡カッパ (2019-07-12 22:06) 

風の友

斗夢さんへ
なんか斗夢さんちょっとニヒルな感じ(笑)
でもそうですね野党もまとまらないと行けませんね。
by 風の友 (2019-07-13 02:02) 

風の友

路渡カッパさんへ
投票行かなかったことはほとんど無いのに、
入れた候補者が当選したことがほとんどないって!?
ちょっと悲しいお話ですね。
今回は当選して貰いたいですね。

by 風の友 (2019-07-13 02:05) 

いっぷく

自民党が党内野党も許さないことや
そんな自民党を野党でひっくり返せないのは
すべて小選挙区制だからでしょうね。
by いっぷく (2019-07-15 00:15) 

風の友

いっぷくさんへ
おっしゃる通りだと思います。
民意を反映しない偏った選挙法の改革がいそがれますが、自民党に有利な小選挙区制は、自民政府が続く限り不可能でしょうね。

by 風の友 (2019-07-17 15:18) 

U3

今年はうちの紫陽花は早々と駄目になり、外出して見た紫陽花はとうに見頃を過ぎていました。残念だけど、命がある限り来年もまたチャンスはある。
by U3 (2019-07-19 18:58) 

U3

 参院選ですが、完全に自分の考えと合致する政党などあり得ません。ですが、自分の考えや意見を反映するためには、それに少しでも近い公約を掲げている政党を選ぶというのは当然のことだと思います。しかし、それが当選が危うい候補者だとしたら私はその候補を選択しません。今の政権与党はまったく私とは相容れませんので投票しませんが、野党の中で自分の意見に近いものがひとつでもあれば、そしてその候補者の当選確率が高ければ一票を投じます。何しろ、幾ら自分の考えに近くても、その候補者が当選しなければ自分の意思は反映されないのですから。
by U3 (2019-07-19 19:06) 

風の友

u3さんへ
自分の一票が死票になっては無駄なので当選しそうな方にという考えも確かに一理ありますね。
私は逃避よりもその候補者の意気込みと政策で選びます。結果落選すると悔しいけど・・・・・・
by 風の友 (2019-07-19 23:34) 

U3

結果報告です。
選挙区も比例代表も投票した候補が当選しました。
これで、私の意思は少しは国政に反映されることでしょう。
by U3 (2019-07-28 09:11) 

ようしゅう

乳母車、なつかしいですね。学校の教科書で
読んで感動した記憶がありました。
ほんの1行2行が残るのは、不思議な感じがします。
選挙は、神奈川にいて、長崎までは行けませんでした。与党も野党も足の引っ張り合い、政治ごっこをしているだけで、自民も予算の概得権を握りしめ、年金問題などのごまかしに終始、麻生の力がずいぶん強いとは知りませんでした。日本の将来が何に依っているのか、混乱していて、少子化高齢化の影響がどれほどのものか、まだポイントが絞り切れません。

by ようしゅう (2019-07-30 21:04) 

風の友

U3さんへ
良かったですね!
私も同じくで喜んでいます。
by 風の友 (2019-08-12 00:56) 

風の友

ようしゅうさんへ
私も教科書でよんで、一番言葉として残ったのが
「泣きぬれる夕陽にむかって
  轔々(りんりん)と私の乳母車を押せ」
という箇所でした。
選挙では、投票率の低さに暗澹としました。

by 風の友 (2019-08-12 01:00) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント