SSブログ


 訪問ありがとうございます!感謝!

兄弟ブログ『風の詩』『kaze日記』もよろしく

前の10件 | -

閑話休題-友の便り [世情]

コロナウイルスの感染が治まらない閉塞感の続くおり、

水彩画家の友人、薮田さんから、便りが届いた。

コロナのおかげで、グループ展も個展も開催を断念しているとのこと。

家に閉じ込められて、急に哲学の道に迷い込んだような

高尚で悩み深き毎日を送っているとかで、絵手紙も入っていた。

題して「閑話休題~巣ごもりじじいの今日この頃」

彼の性格が出ていて、妻と大笑いです。



212yabuta.jpg


彼との出合は、私がリタイヤして、山里で「カフェ&ギャラリーkaze」を

始めたのであるが、そのカフェで知り合い、毎年彼のギャラリーも行うように

なったことです。

彼が描いてくれた私のカフェ


IMG_3485.JPG


私は彼の描く山里の風景が大好きです。


IMG_3477.JPG



Scan10023.jpg


早くコロナの感染が終息し、彼が気兼ねなく、スケッチの出かけられるようになって欲しいです。

彼も手紙で「桜花爛漫の頃は、きっとコロナも春休み、またお会いできる日が・・」と。

本当にそうなって欲しいものです。




nice!(40)  コメント(10) 

風待草 [花]

風待草は、梅の別名

それは春を告げる風を待って咲くことに由来していると云うことです。

花言葉は『高潔』『忠実』『忍耐』だそうです。

春待草なんて、いかにも日本的な別名ですね。


私の好きな歌は


春されば まづ咲く やどの梅の花 ひとり見つつや 春日暮らさむ

                        山上憶良(万葉集)


心あらば とはましものを 梅が香に たが里よりか にほひ来つらん

                        源俊頼朝臣(新古今和歌集)


来ぬ人に よそへて見つる 梅の花 散りなむ後(のち)の なぐさめぞなき 

                        藤原定頼(新古今和歌集)


恋に病み けふ死ぬほどに いと熱きを とめにふらせ 紅梅の露

                        山川登美子


我が背子に 見せむと思ひし梅の花 それとも見えず雪の降れれば

                        山部赤人(万葉集)


人はいさ心も知らず ふるさとは花ぞ昔の香ににほひける

                        紀貫之(古今集)



万葉集から2首選びましたが、『万葉集』巻五「梅花歌三十二首并ならびに序」の詩序に

「初春月、気淑風、梅披鏡前粉、蘭薫珮後之香」とあり

この句中の「令月」「風和」が組み合わされて現在の和暦「令和」は生まれた。

「令月」は陰暦の二月です。

令和を決めたのには

天皇の御誕生日2月23日(新暦)とも重ね合わせたのではないでしょうか?

花言葉の『高潔』を送りたい!


現実にかえれば、与党議員のていたらくなニュースのは、もう、うんざりです。

管首相の息子までがなにやら、いかがわしい接待が報じられていますが

どこまで腐ってるんだと怒りを感じます。

元は、安倍以来の腐った政府から来てるんじゃないでしょうか?


で、気分転換に住んだ青空を


IMG_5476.JPG



IMG_5477.JPG


本題の風待草は


IMG_5486.JPG

                     (寒紅梅)



IMG_5480.JPG



IMG_5489.JPG



IMG_5490.JPG



IMG_5498.JPG

                     (大盃)



IMG_5509.JPG



IMG_5500.JPG

                    (玉牡丹)



IMG_5510.JPG



IMG_5504.JPG

            メタセコイアと梅のコラボ


そして これも今を盛りのロウバイ

IMG_5505.JPG



IMG_5506.JPG



足下には


IMG_5513.JPG


梅では無くて『エレガンス みゆき』


IMG_5519.JPG


2月に入るとひざしも、心持ち明るくなったような気がします。

でも、京都も緊急事態宣言が3月7日まで延長されて、気分はさえません。

晴れ晴れとしたウイルスの無い春が待ち遠しいです。

私は『春待人』です!(笑)

みんなそうだと思いますが、どうでしょうか?





nice!(43)  コメント(2) 

晩秋の詩 [風景]

最近うれしいことが2つありました。

一つは、トランプが大統領でなくなったこと。とんでもない大統領でした。

二つは、核兵器禁止条約が1月22日に発効したこと。

日本は、被爆国なので、この条約を先頭切って実現に力を尽くす位地に有りながら

何もしなかったし、今もしていない!許しがたい気分です。

でも、この二つの世界的出来事は、これからの世界の歴史の歯車を回すことでしょう!

また、新型コロナウイルスの世界的感染の広がりの中で、お互いに協力し合う方向に

人類が進むきっかけになって欲しいと思います。


さて、晩秋の詩


風吹けば 落つる紅葉ば 水きよみ ちらぬ影さへ 底に見えつつ (凡河内躬恒)


夕月夜 小倉の山に 鳴く鹿の 声のうちにや 秋は来るらん (紀貫之)


下紅葉 かつ散る山の 夕時雨 濡れてやひとり 鹿の鳴くらむ (藤原家隆)


松にはふ 正木のかづら 散りにけり 外山の秋は 風すさぶらむ (西行法師)


故郷は 散るもみぢ葉に うづもれて 軒のしのぶに 秋風ぞ吹く (源俊頼)


なべて世の 惜しさにそへて 惜しむかな 秋より後の 秋の限りを (藤原頼実)


私の好きな昔の人の詩を少し記してみました。

私の秋は、物思う時期です。

寂しさと清らかさを感じます。

高校生の時代には、草原の秋、夕日の差すススキに抱かれて死にたいと真剣に

思ったことがあります。

にも関わらず、高齢者と呼ばれるまでに生きてきた!

なにか自分でも不思議な気がします。

今は、なぜ長生きしてるんだろうと考えてしまします。

でも、秋の風景は、生きる喜びを感じさせてもくれますね。


IMG_5403.JPG



IMG_5260.JPG



IMG_5265.JPG



IMG_5267.JPG



IMG_5275.JPG



IMG_5298.JPG



IMG_5252.JPG



IMG_5272.JPG



IMG_5324.JPG



IMG_5294.JPG



IMG_5339.JPG



IMG_5351.JPG



IMG_5360.JPG



IMG_5376.JPG



IMG_5383.JPG



IMG_5408.JPG



IMG_5438.JPG



IMG_5457.JPG



IMG_5458.JPG


風景の最後は山茶花で締めくくりです。


晩秋シリーズは、これで終わりです。

今や梅の季節にさしかかっていますね。


心あらば とはましものを 梅が香に たが里よりか にほひ来つらん
                         源俊頼朝臣(新古今和歌集)
今日はここでお別れします。




nice!(34)  コメント(6) 
共通テーマ:日記・雑感

こだわりの晩秋 [風景]

totoro.jpg


昨日、国会が開会した。

菅首相が施政方針演説をした。

新型コロナ対策の前向きの具体的方針なし!

東京オリンピックをコロナに勝った証しとして成功させるだって!

毎日の世論調査では80%以上の人が無理!って言ってるよ。

今の方針でコロナを乗り切れるって、本当に思っているんでしょうか?

東京オリンピックなんか出来るわけが無い、早く決断しろって言いたい!


saitou.jpg

                  (東京新聞より)


なんか最近、政治に対して、言いたいことが一杯胸にたまってしまった。

しょうが無いから、テレビに向かって怒ってる(笑)


で、晩秋の風景は、心を和ませてくれるので、こだわってます。


IMG_5152.JPG



IMG_5155.JPG



IMG_5160.JPG

                    (皇帝ダリア)



IMG_5180.JPG



IMG_5182.JPG

                     (山茶花)


IMG_5184.JPG



IMG_5207.JPG



IMG_5214.JPG



IMG_5165.JPG

         (カエンキセワタ)


IMG_5205.JPG



IMG_5220.JPG



IMG_5223.JPG



IMG_5224.JPG



IMG_5233.JPG



IMG_5249.JPG


私は晩秋が好きだ。

もう少し、晩秋を続けてみたいので、よろしくお願いします。


ではまた!




nice!(25)  コメント(6) 
共通テーマ:日記・雑感

新しき年の初めに [気配]

明けましておめでとうございます!

本年もよろしくお願いします!


今年は、雪景色三景!


IMG_4405.JPG



IMG_9810.JPG



IMG_8230-1.jpg


昨年は、新型コロナウイルスに始まり、新型コロナウイルスで終わりました。

それから、とんでもない安倍首相が退陣し、さらにとんでもない管内閣が現れた。

今年は、もう、こんな内閣や腐りきった自・公の政権におさらばしたい!

でないと、本当に日本が沈没してしまいそうである。

ウイルス対策は勿論、オリンピックもうまくいかないと思う。


で、嘆いてばかりじゃどうしようもないので、元気を出して頑張ろうと思う。

今年は総選挙の年でも有り、民主的な野党連合政府の実現を期待しています。

上から目線では無く、市民目線で政治の改革がなされることを願うばかりです。


ではでは、皆さんにとって、今年こそ良い年になりますように願います。







 

nice!(42)  コメント(24) 
共通テーマ:日記・雑感

私の晩秋 [心の風景]

毎日呪文のように新型コロナウイルスの流行についてメディアは賑やかです。

本当にこの流行は、早く終わりが来て欲しい!

本当は、晩秋こそ静かであって欲しいと思う。


私は晩秋と言う言葉のもつ雰囲気が好きだ。

田舎育ちの私にとって晩秋は、非常に趣があると共に寂しさを感じます。

その気分を心に焼き付けてしまった出来事が中学生の時にありました。


それは、偶然目に留まった朝日新聞の下段に掲載された本の広告です。

原田康子の小説「挽歌」の宣伝でしたが、30万部突破という記事と共に

丘の上で少女が画板を脇に抱えて立っているイラストだった。

詳細は忘れましたが、その広告に描かれた風景が

私の心に強烈に焼き付いてしまった。

それは郷愁と言う言葉で言い表せるような気持ちです。


私は当時、九州で、北海道なんか遠い世界でした。

故郷から、出たことも無い私が郷愁を感じるなんて、少し変ですが

その広告の北海道の風景が郷愁として心に焼き付きました。

「挽歌」を読んだのは、高校に入学してからですが・・・・

たった一枚の新聞広告が、どうして、そんな力を発揮したのか

私自身もわかりません。


以来、なぜか晩秋と挽歌が一体の物として、半世紀をこえて

私の中で生きているんです。



<晩秋の花>


IMG_5027.JPG

                     メアリーローズ


IMG_5051.JPG

                  かがやき


IMG_5096.JPG

         クニフォフィア


IMG_5117.JPG

                    雪中花



<晩秋の風景>

IMG_5055.JPG



IMG_5068.JPG



IMG_5073.JPG

            フウ



IMG_5085.JPG



IMG_5120.JPG



IMG_5089.JPG



IMG_5136.JPG



IMG_5148.JPG



IMG_5150.JPG



晩秋の木々の風景は、いくら眺めていても飽きない。

そして、物思いに引き込まれてしまいます。

私は、まだ生きているんだ!と。




nice!(27)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

真如堂の秋 [京都の風物]

毎年秋には、真如堂に散歩に出かけます。

11月下旬が紅葉の盛りです。

真如堂の紹介は、以下ホームページから借用しました。


”真如堂は、正式には鈴聲山真正極楽寺(れいしょうざん しんしょうごくらくじ)といい、
永観2年(984年)に戒算上人が開創した、比叡山延暦寺を本山とする天台宗のお寺です。
「極楽寺と名乗る寺は多いが、ここが正真正銘の極楽の霊地」という意味を込めて名づけられ、
その本堂を表す「真如堂」が通称として定着しました。
衆生済度、特に女性をお救いくださる「うなずきの弥陀」を御本尊にまつっており、
浄土宗の開祖・法然上人や浄土真宗の開祖・親鸞聖人をはじめとする行者や、
多くの人々の祈りを受けとめてきました。
広い境内は紅葉の名所として親しまれていますが、桜や青もみじ、季節の草花による彩りも美しく、
一年を通じて散策を楽しんでいただけます。
江戸時代に再建された天台様式の本堂や三重塔などの建造物、
阿弥陀如来立像をはじめとした仏像・文化財を数多く所蔵しています。
いつ訪れても清澄な空気が漂う、洛東の隠れ寺です。”
で、今年も出かけました。
平日というのに、意外に人出が多かった。
IMG_4762.JPG
IMG_4791.JPG
今年は暖かい上に新型コロナウイルスの流行で、恒例の「あま酒」の旗が出ていませんでした。
IMG_0057.jpg
IMG_4792.JPG
IMG_4793.JPG
IMG_4794.JPG
IMG_4795.JPG
IMG_4796.JPG
IMG_4801.JPG
IMG_4804.JPG
IMG_4829.JPG
IMG_4841.JPG
IMG_4852.JPG
IMG_4860.JPG
IMG_4870.JPG
妻が「手を合わせている仏像に見える」という木(わかるかなあ?)
IMG_4890.JPG
ここは、紅葉の時期はすごい人出ですが、初詣に行くとウソのように人気が無く
まさに清澄な雰囲気で満たされていた。
帰り道にある迎称寺(こうしょうじ)は、萩の寺として知られる寺です。
IMG_4915.JPG
暖かい日差しを浴びての午後の散歩は、心まで晴れ晴れします。

nice!(49)  コメント(8) 
共通テーマ:日記・雑感

散歩道 [ぶらり生活]

新型コロナウィルスの感染が爆発的に広がってきましたね。

世界的傾向で、日本でも過去最多を更新しています。

なんか、やりきれない気分です。

が、政府は一体何をしてるんでしょう?

私達には、見えません!

自殺者も急増してるし、失業者も急増、おまけに人員削除の会社も増えているようです。

弱い立場の人にとっては、まさに殺伐とした荒野の中にいるような気がします。

こんな時、GoTo政策やオリンピック開催なんかいかがなものかと思います。


私のような高齢者は、せいぜい家の近くで散歩するしかありません。

その散歩道は、いま紅葉が盛りです。

楽しみながら歩いています。

通り合わせた人とも親しくなる方もあり、少し元気を貰いました。


歩行者専用散歩道の風景です。


DSC_0328.JPG



DSC_0338.JPG



DSC_0340.JPG



DSC_0341.JPG



DSC_0343.JPG



DSC_0347.JPG



IMG_4344.JPG




DSC_0350.JPG



IMG_4339.JPG



IMG_4346.JPG


紅葉の名所もいいけど、名も無い散歩道も隠れた紅葉の名所が沢山あります。

いろんな秋を発見する喜びもあります。


散歩を終えた夕暮れ時、空の秋を感じて家路につきます。

帰宅して、豆を挽き、暖かなコーヒーを味わうとほっころします。


IMG_4355.JPG


それは

ああ、我が家が一番心安まるなあと感じるひとときです。





nice!(34)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

静けさの中で [まどろみ]

11月になると本番の秋がやってきた。

あちこちで紅葉の便りが届き始めると、心が騒ぐ!

ところが、全く迷惑なことに新型コロナウイルスも騒ぎ始めた。

第3派ということらしい。

すごく落ち着かない気分です。

こんな時は、静かなところが一番だと思って別荘に出かけた。

別荘といっても私の所有では無く、友人の物なのだが

鍵も預かり、「自由に使って!」といってくれたものです。



IMG_4199.JPG



IMG_4185.JPG



IMG_4187.JPG



IMG_4191.JPG


人影も無く、車の音さえない。

静かそのものです。


耳を澄ますと枯れ葉が落ちる音がきこえる。

私達は、枯れ葉が落ちると表現するけど

木の側からすれば、枯れ葉をおとすのです。

枯れ葉は、季節が来ると自然に枯れて落ちるのではなく

木が葉を枯らして、切り離して落とすのです。

木は大変な努力をして冬支度をするのです。

その証拠に、木の幹が枯れたら、葉は枝から落ちません。

木が葉を切り落とす音が、静かな中で耳を澄ませば聞こえます。


IMG_4328.JPG


静けさの中で読書をすれば、時の過ぎるもの忘れてしまいます。

命が洗われるような気がします。


IMG_4200.JPG



IMG_4198.JPG



IMG_4196.JPG



IMG_4327.JPG



IMG_4223.JPG



IMG_4221.jpg


琵琶湖に足を伸ばしてみると、ここも静かな風景が・・・・


IMG_4202.JPG



IMG_4204.JPG



IMG_4213.JPG


観光船が静かに入港してきた。


IMG_4215.JPG


こういう静けさが私は好きです。

田舎の静かな秋を探しに出かけてみたくなりました。

コロナの感染の広がる中、不自由な体で旅に出るのは、不安がいっぱいですが

ひなびた山間の温泉宿でのんびり秋を楽しめたら最高です。





nice!(41)  コメント(6) 
共通テーマ:日記・雑感

久し振りの植物園-その3 [ぶらり生活]

最近にない画期的なうれしい事があった。

それは、国連での核兵器禁止条約が50カ国の締結で成立した。

これは、人類の歴史にとって、すごく大きな前進の第一歩だと思う。

だが、悔しいのは、その50カ国に日本が入ってないことです。

願わくば、一日も早く日本とフランスが加わって欲しいと思う。


その一方で本当に民主主義の法治国家である日本で

それを打ち壊すゆゆしき事態を管内閣が行っていることです。

日本学術会議の人事に介入し、確たる理由も示さず押し通そうとされていることです。

昭和一桁時代に逆戻りしているように思えます。

しかし、勇気ある反撃も始まっています。

私が個人的にすごく励まされたのは2件

一つは法政大学総長 田中優子氏の

”【総長メッセージ】日本学術会議会員任命拒否に関して”です。

「任命拒否された研究者は本学の教員ではありませんが、この問題を座視するならば、

いずれは本学の教員の学問の自由も侵されることになります。

また、研究者の研究内容がたとえ私の考えと異なり対立するものであっても、

学問の自由を守るために、私は同じ声明を出します。

今回の任命拒否の理由は明らかにされていませんが、

もし研究内容によって学問の自由を保障しあるいは侵害する、といった

公正を欠く行為があったのだとしたら、断じて許してはなりません。



二つ目は宗教法人「生長の家」が

「― 真理探究への政治の介入に反対する ―(日本学術会議第25期推薦会員任命拒否に関する声明)」です。
「20世紀に多くの悲惨な戦争から学んだはずの日本が、再び国権によって真理探究の動向を操作しようという誤った方向に進むとしたら、私たちは声を上げて反対せざるを得ません。今の時代、科学的真理の探究を操作しようとする政治が、宗教的真理の探究を尊重するなどということはあり得ないと考えるからです。」
今回は植物園シリーズの最終回です。


遊園天気です。向こうに比叡山がチラッと姿を見せています。




IMG_4164.JPG



初めてお目に掛かった時計草



IMG_4103.JPG

みればみるほとなんか可笑しい花だ!




おなじみの秋の花



IMG_4106.JPG





IMG_4107.JPG




朝顔 美しくて懐かしい花です。




IMG_4111.JPG






ブラシノキ



IMG_4115.JPG




バラ園に行ってみた。

私は、赤いバラが好きなので、どうしてもそちらに目が行く



「紅」

IMG_4117.JPG





「オセロ」

IMG_4119.JPG





「マチルダ」

IMG_4121.JPG



「ヘンリーフォンダ」

IMG_4124.JPG



「ノックアウト」

IMG_4131.JPG



「モンタナ」

IMG_4134.JPG



「栄光」

IMG_4137.JPG



「アルテス75」

IMG_4139.JPG



「プリンセス・ドウ・モナコ」

IMG_4143.JPG



IMG_4144.JPG



「花房」

IMG_4146.JPG



「コモドーレ」

IMG_4155.JPG


バラは他にも沢山あるが、ありすぎてとてもすべて写真には写せない。


気がつけば、日は西に傾いていた。


IMG_4178.JPG



IMG_4172.JPG



植物園正面入り口のプロムナードでは、帰路につく人たちの姿がめだつ。

みんな十分楽しんでの帰宅だと思う。


IMG_4180.JPG


今日も一日生きたんだという思いが胸に膨らんで、さわやかな気分になる。

このような植物園があることに感謝です。




nice!(42)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | -