So-net無料ブログ作成


 訪問ありがとうございます!感謝!

兄弟ブログ『風の詩』もよろしく!

ホームページ『風の友達』もよろしく!

八塔寺ふるさと村 [風景]

八塔寺ふりさと村は、備前市吉永町加賀美にある。

私は、田舎、特に山村の風景が大好きで、やってきた。


ここは、映画『黒い雨』、テレビドラマでは『八ツ墓村』や『火垂るの墓』のロケ地と

なったことでも知られています。


八塔寺山へのつづらおりの坂道をぐんぐん登ると突然視界が開け、

山頂部にかやぶきの農家が点在するのどかな風景が広がります。

標高400mの高原に開ける八塔寺ふるさと村は、高野山に並ぶほど仏教が栄えたらしいが、

今では戸数約13戸、ふるさと村のシンボル的存在のカヤ葺き民家と寺院からその歴史がほのかに感じられる。

のどかな景色の中を、のんびりと散策すれば、遠い昔、幼い日にかえったようななつかしさが蘇ります。


IMG_0389.JPG


IMG_0387.JPG

                                郵便局?


IMG_0386.JPG


IMG_0393.JPG


IMG_0396.JPG


IMG_0403.JPG


IMG_0405.JPG


IMG_0423.JPG


IMG_0433.JPG

                          これ、公衆トイレ一応水洗です。


IMG_0446.JPG

                             水車小屋


IMG_0447.JPG

                 土日のみ営業のレストラン


IMG_0451.JPG


IMG_0456.JPG


IMG_0463.JPG


IMG_0464.JPG


IMG_0475.JPG


IMG_0478.JPG


IMG_0482.JPG

この道の風景は、私の故郷にそっくりです。

こういう風景は、いつまでも残って欲しいと思います。

朽ち果てた家屋などを見るたびにこころが痛みます。

人の手も加わった風景は、本当に美しいと感じます。



途中で、大きなムクノキに出会いました。


IMG_0382.JPG


IMG_0380.JPG


DSC_9636.JPG


大きな木は、なんかエネルギーをもらえるような気がしてとても好きです。




nice!(30)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

メタセコイアの並木道 [風景]

5月の言うのに夏日が続いているが、今年の夏はどうなるんだろうと

少し心配な今日この頃です。陽気に誘われて、

久し振りに初夏のメタセコイアの並木道を歩いてみた。


話は変わるが昨今、実に驚くべきニュースを耳にした。

それは衆議院議員の丸山穂高氏の行いである。

彼が北方領土へのビザなし交流訪問団に参加中、戦争による北方領土返還に言及した問題である。

ところが続報も有り、ホームビジットで訪れたロシア人宅での飲酒などで深酔いした上、

外務省から避けるよう要請されている夜間の外出を繰り返し試みたため、

外務省職員らが廊下に立ち塞がって丸山氏の行動を阻止。

「女性のいる店に飲みに行く」とも騒いだというのである。

これが議員のすることかと怒りを感じる。

議員どころか、一個人としても人間的にも良識の無い破廉恥漢だ。

私は、直ちに議員辞職して当たり前だと思う。

また、このような人物を推薦してきた維新の会と

彼を支持した大阪19区の有権者にもしっかり反省して欲しい。


で話を戻して並木道

その入り口付近意あるピックランドに車を止めて、ひとまず食事。

きれいなカフェも出来ていた。


IMG_0025.JPG


IMG_0023.JPG


並木の入り口に、碑が建っている。


IMG_0027.JPG


で並木の言われは、碑にお任せして、散歩。


IMG_0039.JPG



IMG_0029.JPG



IMG_0036.JPG



IMG_0044.JPG


並木の外側にも散歩道がある。


IMG_0042.JPG


並木の外側の田園では、田植えが始まっていた。


IMG_0053.JPG



IMG_0059.JPG



IMG_0048.JPG


昨年秋にここを訪れたときは、並木通りは車で埋まっていた。

でも今日は、すっきり!!!

さわやかな風に吹かれて、のんびり出来た。

なにか良いことをしたような気分になったよ。


帰り道

ジャケツイバラの花が咲き乱れているのを発見!


IMG_0063.JPG



IMG_0068.JPG


妻は大喜びである。

ご褒美でも貰った気分らしい。

私にとっても、おまけ付きのドライブだった。






nice!(40)  コメント(4) 
共通テーマ:旅行

五月雨の中で [風景]

天気はいまいちながら、妻が新緑が見たいというので久多に出かけた。

途中まで行くと、雲行きがすごく悪くなった。

花折り峠を越えると雨がぽつぽつ降ってきた。

梅の木から橋を渡り、針畑川沿いに走る。


IMG_9941.JPG



IMG_9946.JPG



IMG_9951.JPG


新緑が目に染みる。

しとしとと降る五月雨に、あたりは、川音以外に何もない。

静かな渓谷の風景である。


IMG_9954.jpg



IMG_9959.jpg


久谷入ったとたんに雷がなり、土砂降りの雨!雨の中に静かにたたずむ民家

山村の雰囲気が満ちている。

雨の中も風景も情緒あふれるものがある。


IMG_9972.JPG



IMG_9974.JPG



IMG_9975.JPG



IMG_9979.JPG



IMG_9981.JPG


鯉のぼりを掲げていた竿も今は外されて寂しそうに立っていた。


久多から、能見峠を越えて、広河原能見町に下りていく。

走る道路は、渇いていているが、私達が通ると濡れていく。

そう、大雨は私達を追いかけるように付いてくるのだ!


廃屋のそばでは、桜がわずかに花を残していた。

椿も咲いている。

主無しとて、春を忘れはしないのだ。

でも、やはり寂しさが漂っている。


IMG_9982.JPG



IMG_9986.JPG


大きな池と立派な蔵を持つお家も、今は主なしで、眠りこけているようだった。


IMG_9988.JPG


山里から人が出ていき、廃屋だけが取り残され

田畑は荒れ果て、鹿とイノシシの天国となる。

国土が荒廃していくに任せて良いのだろうか?

政治・経済のあり方を、根本的に改革しないと

日本は、滅びの国になるような不安を感じてしまう今日この頃です。


新緑を見に出かけて、憂国の気分になった!




nice!(29)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

くじゅう花公園 [風景]

まさに新緑の季節になった。

町の中でも緑が目に染みる。

5月1日はメーデーなのだが、今年はそれに新しい事が加わった。

新しい天皇が即位し、元号も「令和」となった。

私は、昭和、平成、令和と生きた人間になった。

想いもしなかった長生きだ。

何かと暗いニュースの多い日本が

豊かで民主的で、平和な国に前進して欲しいと思う。


九州の九重高原にある「くじゅう花公園」も今は

100万本の花が咲き誇っているとおもうが

私が訪れたときは、4月上旬では、まだ花は少なかった。

入園料も「本日半額」だった。

理由は花が少ないからだそうだ。





IMG_9175.JPG



IMG_9099.JPG



IMG_9101.JPG



IMG_9103.JPG



IMG_9107.JPG



IMG_9108.JPG



IMG_9109.JPG



IMG_9118.JPG



IMG_9128.JPG


目の前に九重連山が見える。


IMG_9146.JPG



IMG_9167.JPG


公園内には、ベンチが至る所に有り、中にはぐっすり寝込んでしなっている人もいた。

花より団子ではないが、しっかり読書にふけっている人も・・・・・

私達は、疲れたらカフェで一休みです。




nice!(35)  コメント(2) 

足立美術館へ行ってきた。 [風景]

今年初めてのブログ更新です。

昨年10月頃からなぜかパソコンに向かうのが辛くなり、筆が進みません。

特に理由が見当たらないのですが、いつの間にか・・・・・・

で、皆さんに新年のご挨拶も今日まで出来ずに来ました。

不義理をしているような気持ちでいっぱいです。

体調にも波があり、油断できません。

で、今年からは、マイペースでのんびり、ゆったりの高齢者生活でいこうと思います。

どうかよろしくお願いします。



nengajyo illust-2.jpg


さて、昨年11月中旬に、にわかに思い立って足立美術館に出かけました。

足立美術館と云えば、

米国の日本庭園専門誌『ジャーナル・オブ・ジャパニーズ・ガーデニング』による庭園ランキングで、

「16年連続日本一」に選ばれています。

日本一は京都のどこかの庭園と思いきや、島根県の山間部にある足立美術館でした!

そんなことも有り、もう一度見たいと思って訪れた。


IMG_7759.JPG


入り口あたりは20年ほど前に訪れたときとは、ずいぶん変わっていた。

新館もできて、現在日本画のコレクションが展示されていた。

館内は広いので、じっくり見て回ると4時間は必要な気がします。


足立美術館の概要


■日本庭園
 枯山水庭、白砂青松庭、苔庭、池庭など、50,000坪の広大な日本庭園は四季折々の美しい佇まいを見せてくれます。

この庭園は、米国の日本庭園専門誌『ジャーナル・オブ・ジャパニーズ・ガーデニング』の庭園ランキングで

「16年連続日本一」(2003~2018)に選ばれ、海外でも高い評価を得ています。


■名画
 横山大観、竹内栖鳳、川合玉堂、橋本関雪、榊原紫峰、上村松園など、近代日本画壇の巨匠達の作品を所蔵し、

特に、約120点を数える横山大観コレクションは有名で、年4回展示替えを行い、四季ごとに特別展を開催しています。
また新館では、日本美術院同人の新作や院展入選作を展示し、現代日本画の粋をお楽しみいただけます。


■陶芸
 陶芸館には安来が生んだ陶芸家「河井寛次郎」、稀代の料理人で陶芸家としても知られる「北大路魯山人」の作品や、

魯山人の料理の世界をイメージした料亭風の展示などもご覧いただけます。


へたな解説はしませんので、写真を堪能してください。



IMG_7760.JPG



IMG_7761.JPG



IMG_7763.JPG



IMG_7765.JPG



IMG_7768.JPG



IMG_7771.JPG



IMG_7773.JPG



IMG_7775.JPG



IMG_7778.JPG



IMG_7780.JPG



IMG_7785.JPG



IMG_7787.JPG



IMG_7788.JPG



IMG_7790.JPG



IMG_7798.JPG



IMG_7801.JPG



IMG_7803.JPG



IMG_7813.JPG



IMG_7815.JPG



IMG_7819.JPG



IMG_7820.JPG


絵画と陶器は写真に撮れませんの紹介できませんでした。


途中館内カフェで一休み、お茶しながら庭園を観賞できました。


IMG_7821.JPG


当日は雨模様の日で、少し残念でしたが、びっくりするほど多くの来館者がありました。

日本人は勿論外国からの観光客も沢山です。

売店などは、身動きしにくいくらいの人でした!


時には遠出のドライブもすごく楽しいものです。

この日は、松江で一泊しました。






nice!(29)  コメント(6) 
共通テーマ:旅行

鯖街道の秋-2 [風景]

鯖街道は,別荘があったりするが、



IMG_7652.JPG



IMG_7650.JPG


一方、空き家の多い街道でもあります。

年々人口が減少し、空き家が増えています。

きれいに手を入れられた家でも空き家があります。

定期的に元の住民が来て、手入れをしているという。


秋は紅葉できれいな街道なのですが・・・・・・・


IMG_7653.JPG


IMG_7654.JPG


IMG_7664.JPG



IMG_7676.JPG



IMG_7689.JPG



人手が途絶えると、ススキに抱かれていく事になります。


IMG_7696.JPG



IMG_7697.JPG



IMG_7703.JPG



IMG_7706.JPG



IMG_7707.JPG



IMG_7712.JPG



IMG_7715.JPG



IMG_7721.JPG



IMG_7735.JPG



IMG_7743.JPG



IMG_7744.JPG


ススキに埋もれる廃屋


IMG_7750.JPG



IMG_7756.JPG


この家の写真を以撮影したのが残って居ました。

撮影日は、2006年11月29日、今から12年前の写真が、下の写真です。


#MG_3503.JPG


この家も、もう人の手さえ入らなくなった空き家です。

主はいないけど、柿はたわわに実り、庭木は花盛りです。

主なしとて秋を忘れない!ですね。

郷愁を通り越して、寂しさが募ります。

日本の国土がこんな事で良いのだろうか?

考えさせられる街道でもあります。









nice!(38)  コメント(8) 
共通テーマ:旅行

鯖街道の秋-1 [風景]

今は昔、鯖街道の一角で暮らしたことがあるので季節の

節目には、やはり懐かしくなり、訪れる。

で、秋の風景を求めて11月の中旬に出かけてみた。

思った通り、秋真っ盛りだった。


IMG_7329.JPG



IMG_7376.JPG


鯖街道(さばかいどう)は、若狭国などの小浜藩領内(おおむね現在の福井県嶺南地方に該当)と

京都を結ぶ街道の総称です。

しかし、小浜と京都を結ぶ経路は幾通りもあり、それらはすべて鯖街道とよんでいました。

最もよく利用されたのが小浜から熊川宿(現:福井県若狭町)・朽木村(現:滋賀県高島市)を経て、

京都の出町柳に至る若狭街道で、一般に言われる鯖街道はこの経路のことを指しています。


私のいう鯖街道もこのルートの事です。


IMG_7333.JPG



IMG_7337.JPG



IMG_7348.JPG


こんな風景を目の前にすると、心が躍ります。


IMG_7379.JPG


昭和の時代が止まっているような田園風景!

それは、すごく郷愁を感じさせてくれます。


IMG_7460.JPG



IMG_7500.JPG


安曇川の上流域の風景

IMG_7546.JPG



IMG_7547.JPG


安曇川の支流、針畑川の紅葉


IMG_7552.JPG



IMG_7562.JPG


紅葉が目に染みます。


IMG_7567.JPG



IMG_7571.JPG



IMG_7576.JPG



IMG_7583.JPG



IMG_7590.JPG



IMG_7613.JPG



IMG_7629.JPG



IMG_7633.JPG



IMG_7638.JPG


京都市内でも紅葉の名所は沢山ありますが、この鯖街道の紅葉は、ダイナミックな自然の

美しい芸術作品のように思えてきます。


次回に続きますので、よろしく!





nice!(27)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

滋賀の山村を行く [風景]

友人の別荘をお借りして、妻が入会している活け花教室に付き合いました。

別荘に着いてみると、オーナーさんが、いろいろ気を遣ってくれていました。

感謝です。

今日の教室は、それぞれ山野草などを現地で取ってきて

それで活けるという方法です。

参加者は7人、一日楽しんで無事終わりました。

教室の皆さんを送ってから、別荘のある椋川(むくがわ)をドライブしました。

すでに日は、山に落ち始めていたけど・・・・・・


古い作りの商店を発見!


IMG_7191.JPG


IMG_7194.JPG


清水哲三郎商店

取り扱いは、食料品問屋・繊維製品・LPガス・石油類・ビル管理だという。

でも、人の気配はない。

こんな山村でビル管理なんて言われると、なんか違和感があります。


IMG_7195.JPG


家は古いが、お地蔵さんのお家は、新しくて立派です。


IMG_7198.JPG


向井潤吉の絵に出てきそうな家もあります。


IMG_7200.JPG


家の構えが特徴的です。


IMG_7201.JPG


土蔵も立派できれい!

IMG_7204.JPG



IMG_7206.JPG



IMG_7218.JPG



IMG_7219.JPG


偶然目に入った女の子!

なにか独特雰囲気を感じて車を止めた。


IMG_7220.JPG


女の子はジュースを飲みながら、土手を下りてきた。

続いて、稲の束を抱えた男性が下りてきた。

声をかけると男性が快く応じてくれた。

科学肥料や農薬を使わない自然農法で稲を作っているという。

横から女の子が「私はスタッフ」という。

家に寄って行けという。

すぐそばの家だった。

家の裏手には、稲が干してあった。



IMG_7225.JPG


女の子は小学一年生

今日は父親の農業を手伝っているのだという。

元気ではきはきと話をするしっかり者だ。

人気のない山村の夕方に出会ったからか

妙に、この女の子が印象的なのです。

農業はグループがあるみたいで、泊まることも出来るという。

泊まっていくかというので、さすがに遠慮した。

この家に住んでいるのかと思ったら、日頃は京都市内に住所があるという。

聞いていたら、なんと私の散歩コースの範疇なのだ。


女の子がちょっときてと田んぼに案内するので着いていくと

彼女の作った稲掛があった。

稲を刈った後に芽を出した稲穂を干してあるのだ。


IMG_7226.JPG


子供らしさに触れて、おかしくもあり、可愛くもある風景だ。


なにかほんのりと心温まるドライブとなった。

彼らと別れて帰路についた時には、夕闇が迫ってきていた。




nice!(26)  コメント(6) 
共通テーマ:地域

宇治の棚田へ [風景]

雨の日が続いて、久し振りに晴れるというので、

刈り入れ前の棚田を眺めたくて出かけた。

場所は宇治市笠取!

偶然グーグルの地図で発見した山間の棚田である。

宇治の炭山工芸村を通り越して、笠取山を目指す。

市立笠取小学校の所からさらに山道に入る。

車1台が通れるだけの狭い山道。

対向車が来たら大変だ。

限りなく360度に近いヘアピンカーブが続く。

登り詰めた頃、突然神社が現れた。

東笠取清龍宮って書いてある。


IMG_6389.JPG


なんでこんな所に神社なのかは不明。

二人ずれの歩行者に出会った。

このみちはトレッキングコースになっているらしい。

ここからは、ひたすら下り坂。やがて忽然と棚田と人家が見えてきた。

ここが目指す平出、


IMG_6394.JPG



IMG_6395.JPG



IMG_6396.JPG



IMG_6400.JPG



IMG_6404.JPG



IMG_6406.JPG


さらに下って「谷の奥」へいく。

刈り入れの最中の稲田もあった。


IMG_6409.JPG



台風の影響なのか稲が倒れ気味である。

そういえば、ここに来る途中あちこちで杉の木が根っこから倒れている所もあった。

彼岸花が彩りを添えていた。


IMG_6412.JPG


路傍のお地蔵さん


IMG_6420.JPG


IMG_6424.JPG



IMG_6425.JPG



IMG_6429.JPG


IMG_6434.JPG


IMG_6436.JPG


懐かしさが蘇る田園風景である。

最近過疎化が進み、棚田姿を消しつつあるが、本当に悲しい。

「農業は芸術」だと思うのだが。


帰り道、台風で痛んだ杉山を見た。

こうゆう姿を見るにつけ、あまりにも植えすぎた杉の対策と

農地を荒らす鹿とイノシシの抜本的対策を国は本腰を入れて欲しいと思う。

今、日本の田園では、どこでも鹿・イノシシ対策の柵を張り巡らせていて

かっての田園風景を台無しにしてしまっているように思う。



IMG_6442.JPG


美しい棚田の風景を眺めながらも、単純に喜べないものがある。

なにやら考えさせられる棚田紀行となった。






nice!(28)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

夕焼け [風景]

久し振りに夕焼け空が広がった。

台風20号の前触れの雲が焼けているのだろうか?

時折強い風も吹いてくる。

空だけでなく、辺り一面が赤く輝いている。

最近なかった夕暮れ時の風景である。


吉田山の夕焼け

IMG_6380.JPG



IMG_6375.JPG



IMG_6379.JPG


大文字山の上にも

IMG_6377.JPG



IMG_6376.JPG


夕焼け空を眺めていると、なぜだか郷愁にのような気分に包まれる。

「山の彼方の 空遠く」ではないが、心が空に解き放たれるような気がするのだ。



nice!(11)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー