So-net無料ブログ作成


 訪問ありがとうございます!感謝!

兄弟ブログ『風の詩』もよろしく!

ホームページ『風の友達』もよろしく!

ぶらり生活 ブログトップ
前の10件 | -

国宝の曜変天目を見てきた! [ぶらり生活]

5月は、珍しいことに国宝の曜変天目3点が同時展示されているというので

近くの2点を見ようと思い出かけた。

まずは、滋賀県信楽にあるMIHOミュジアム。

中央線もない狭い山道を新緑を味わいながら走ると

山奥の人家も見当たらないところに、突然のように

MIHOミュジアムがある。

レセプション棟でチケットを買って、歩きか、電気自動車で

トンネルと抜けて、美術館棟に向かう。


IMG_9998.JPG


IMG_0001.JPG


IMG_0002.JPG


美術館棟入り口


IMG_9996.JPG



youhentenmoku.jpg


ここでは、京都大徳寺龍光院所蔵の曜変天目が展示されている。

とにかく、この曜変天目がお目当ての訪問者が圧倒的!

当然、並んで順番待ち。

初めて見る曜変天目である。


日を改めて、今度は、奈良国立博物館へ出かけた。

博物館へいたる道には、鹿の群れがあちこちにいて、

鹿せんべいをねだっている。

多くの観光客がひっきりなしだ。

私は大変疲れて、博物館に到着したときは、もうヘロヘロ!

真っ先にレストランで一休みしてから、観賞することにした。


DSC_9589.JPG


ここに展示されているのは、藤田美術館所蔵の曜変天目である。


ここでも、列をなして順番待ち、

仕方ないよね。

列が長いので、「ここが最後尾」って書いた旗を掲げている館員がいた。


曜変天目を眺めて、本当に感動した!


で、ここで少し曜変天目についての解説を、他人の情報を元に(笑)


曜変天目の概要

漆黒の器で内側には星のようにもみえる大小の斑文が散らばり、斑文の周囲は暈状の青や青紫で、

角度によって玉虫色に光彩が輝き移動する。

「器の中に宇宙が見える」とも評される。

曜変天目茶碗は、現在の中国福建省南平市建陽区にあった建窯で作られたとされる。

現存するものは世界でわずか3点(または4点、後述)しかなく、そのすべてが日本にあり、

3点が国宝、1点が重要文化財に指定されている。

いずれも南宋時代の作とされるが、作者は不詳である。

日本では室町時代から唐物の天目茶碗の最高峰として位置付けられている。


南宋のある時期、建窯で数えるほどわずかな曜変天目茶碗が焼かれ、それから二度と焼かれることは無く、

なぜ日本にだけ現存し、焼かれた中国には残っていないのか(器が割れ欠けている完全でない状態のものは

発見されている)、大きな謎として残っている。

中国では曜変天目は不吉の前兆として忌み嫌われ、すぐに破棄されたために現存せず、

わずかに破壊の手を逃れたものが密かに日本に伝来した、とする説も唱えられたが、

後述の中国での陶片の出土状況から南宋時代の最上層の人々に

曜変天目が使われていたことが示唆されている。


曜変と呼ばれる条件

「曜変」とは「天目」という言葉と同じく日本で作られた言葉で、中国の文献には出てこない。

南宋時代の作品だが、日本で曜変という言葉が使われた最も古い文献は室町時代の「能阿相伝集」である。

曜変とは、建盞の見込み、すなわち内側の黒い釉薬の上に大小の星と呼ばれる斑点(結晶体)が

群れをなして浮かび、その周囲に暈天のように、

瑠璃色あるいは虹色の光彩が取り巻いているものを言う。

この茶碗の内側に光を当てるとその角度によって変化自在、七色の虹の輝きとなって跳ね返ってくる。

これが曜変天目茶碗にそなわっていなければならない不可欠の条件である。

本来、「曜変」は「窯変(容変)」と表記され、陶磁器を焼く際の予期しない色の変化を指すが、

その星のような紋様・美しさから、「星の瞬き」「輝き」を意味する「曜(耀)」の字が当てられるようになった。

このような紋様が現れる理由は、未だに完全には解明されていない。

また、この紋様が意図的に作り出されたものか、偶然によるものかは議論がわかれている。


現存する曜変天目茶碗

国宝

曜変天目の条件を厳密に満たすもので完存するのは、国宝となっている3椀のみとされる。


静嘉堂文庫蔵
稲葉天目の通称で知られ、現存する曜変天目茶碗の中でも最高の物とされる。

1951年6月9日、国宝指定。

元は徳川将軍家の所蔵で、徳川家光が病に伏せる春日局に下賜したことから、

その子孫である淀藩主稲葉家に伝わった。そのため、「稲葉天目」と呼ばれるようになった。

その後、1934年に三菱財閥総帥の岩崎小弥太が購入し入手したが、

岩崎は「天下の名器を私如きが使うべきでない」として、生涯使うことはなかったという。


seikadou.jpg


藤田美術館蔵
水戸徳川家に伝えられたもので、曜変の斑紋が外側にも現れている。

1918年に藤田財閥の藤田平太郎が入手し、現在は藤田美術館所蔵。

1953年11月14日、国宝指定。


huzita.jpg


大徳寺・龍光院蔵
筑前黒田家の菩提寺、大徳寺の塔頭龍光院に初世住侍江月宗玩以来伝わったもの。

1951年6月9日、国宝指定。

宗玩の父であった堺の豪商津田宗及が所持していたとされるが詳細は不明。

建立開基した黒田長政が筑前博多の豪商、島井宗室(博多三傑)の縁でこの院に帰した説もある。

国宝とされる三椀の曜変天目茶碗のうち、最も地味なものであるが、幽玄の趣を持つとされて評価が高い。

通常非公開であり、鑑賞できる機会は稀である。


ryukouin.jpg


重要文化財

MIHO MUSEUM蔵

加賀藩主前田家に伝えられたもの。1953年11月14日、重要文化財指定。

かつて大佛次郎(本名・野尻清彦)が所蔵していたもので、現在はMIHO MUSEUM所蔵。

国宝3点とは異なり、曜変は内面の一部に限られ、この天目茶碗を「曜変」と呼ぶかどうかは議論がある。


youhennbunnka.jpg


失われた曜変天目茶碗
現在、世界で3点(または4点)しか現存しない曜変天目茶碗だが、記録によればもう1碗あったと考えられる。

足利義政から織田信長へと、時の最高権力者に所有された天下第一の名碗であったが、

信長がこれを愛用し、持ち歩いたため本能寺の変で他の多くの名物と共に焼失してしまった。


貴重なものが失われ非常に残念な事ですね。

きれいな曜変天目にうっとりとしながら、京都に帰ってきたら、もう夕方でした。


DSC_9590.JPG


京都タワーをしばし見上げて、帰宅しました。

ほっこりです。


おまけ

まだまだ見れる曜変天目


奈良国立博物館  4月13日~6月9日
「国宝の殿堂 藤田美術館展 ―曜変天目茶碗と仏教美術のきらめき―」


静嘉堂文庫美術館  4月13日~6月2日
「日本刀の華 備前刀」


MIHOミュジアムは、5月19日で終了です。




nice!(26)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

「絵になる姿」をみにでかけた。 [ぶらり生活]

堂本印象美術館で行われていた「絵になる姿」展に出かけた。

堂本印象美術館を訪れるのは、初めてである。

何十年も前から、気になっていたのだけど、なぜか機会が無かった。

美術館は、衣笠山の山手の方に有り、立命館大学と向かい合っている。


私が堂本印象を初めて知ったのは、あるホールの緞帳である。

魅力的な緞帳のデザインが、堂本印象の作品であるり、

私の堂本印象とに出合であった。


そんなことも有り、ひょんな事から出かけることになったのである。


doumoto1.jpg



doumoto2.jpg


ここで、堂本印象について、当館webpageから少々引用してみた。


堂本印象(どうもと いんしょう)

明治24年~昭和50年(1891-1975)  明治24年京都生れ。本名三之助。

明治43年京都市立美術工芸学校を卒業後、しばらく西陣織の図案描きに従事し、

大正7年、日本画家を志し て京都市立絵画専門学校に入学。

翌8年、初出品した「深草」が第1回帝展に入選した。

第3回展では「調鞠図」で特選、また、第6回展の「華厳」では帝国美術院賞を受賞するなど一躍画壇の花形となった。

絵画専門学校の教授として、また私塾東丘社の主宰者としても多くの後進を育成、昭和19年、帝室技芸員となった。
  戦後は、独自の社会風俗画により日本画壇に刺激を与えた。昭和25年、芸術院会員。

さらに昭和30年以降は抽象表現の世界に分け入り、その華麗な変遷は世界を驚かせた。

多くの国際展にも招かれ、昭和36年には文化勲章を受章した。
  昭和41年、自作を展示する堂本美術館を自らのデザインにより設立。

また、様々な技法を駆使しあらゆる画題をこなす画才は、各地の寺社仏閣の障壁画においても発揮され、

多くの作品を残した。昭和50年9月逝去、83歳。


  なお、美術館は平成3年8月にその所蔵作品とともに京都府に寄贈され、

平成4年4月京都府立堂本印象美術館として開館し今日に至っている。


美術館の建物は、初めから府立だった、こんな斬新なものでは無かったのではと思う。


DSC_9583.JPG



DSC_9584.JPG



DSC_9582.JPG



DSC_9580.JPG


玄関を入ると


DSC_9577.JPG



DSC_9578.JPG



DSC_9579.JPG


で、絵になる女性達の姿をしっかり観賞させて貰いました!


同時に印象の作品展も行われていて、メインに

木華開耶媛(このはなさくやひめ)/1929年/昭和4年が飾られていた。


main_1.jpg

                   (この写真は、当館ホームページからの借用です)


長年積み残してきたものを解決したような気分になって、美術館を後にしました。









nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

驚愕! [ぶらり生活]

友人と共にコンサートに出かけた。

大津市伝統芸能会館で行われる景山木美子さんの

リリックソプラノコンサートである。


ソプラノは大まかに、スブレット、リリック、ドラマティックの3つのカテゴリーに分けられるが

リリックは、「恋人タイプ」に分類される。

美しく柔らかな声質を持ち、長いレガートラインを描けるしなやかな声、

広がりのある明るめの声であること求められるとか。


kageyama.jpg


人に支えられて能舞台のステージに立つ景山さんは

今年92歳になるという。

年齢を聞いただけでも、驚きであるが、

マイクを使わず、歌う彼女の歌を聴いて、驚愕した!!!!

包み込むように優しく、透き通った若々しい歌声!

信じられないくらいである。


しかも最初の歌がペルゴレージの「ニーナの死」なのだ!

私は短調の歌が好きなのだが、この歌もホ短調の歌である。


kageyama2.jpg


ヘンデルの「私を泣かせてください」も心をつかまれた。


第一部は、アヴェ・マリアで締めくくられた。

第二部は、日本の歌だった。


秘唱

平井康三郎作曲/西条八十作詩


ひとすぢの青き葦さへ
吹き吹けば佳き音をしらぶ


ひとすぢの焔とならば
いつの日か君燃えざらむ


たまきはる命をかけて
愛ほしききみよ 女よ


最後の歌「サルビア

中田喜直作曲/堀内幸枝作詞

 

サルビアは赤い花だわ
その花は血の色だわ
私はその花をみつめていたとき
急に愛の言葉を口にしたのね


夏の風はあったかいわ
疾妬する熱風だわ
かん高い感情の中でとまどった
ふたりの顔に吹き付けていたのよ


サルビアのはなびらを
いっぱいふりかけてちょうだい
まっ赤な色にふちどられて叫んだ
あのときをもいちど思い出したいの


この二曲が私には良かった。

情熱的な歌でした。


アンコール曲で

荒城の月」を聴いた時には、胸が熱くなった。

この歌は、私にとっては、特別の想いがあります。

荒城の月の作曲者、滝廉太郎は、大分県の竹田市に一時住んでいて

竹田市にある岡城跡に銅像が建っている。

その岡城跡のすぐ麓に私の卒業した高校が今でもあります。


IMG_9040.JPG


私はその山の上の岡城跡を半周するようにある道を3年間通った。

クラスの友人と城跡に上り、よく遊んだものだった。

卒業式の日にも、クラスの友人達と上り、

最後にみんなで校歌と荒城の月を合唱して別れた。

青春時代の思い出の歌でもあるのです。


感動的なコンサートだった。

コンサートの後は、友人宅で夕食をご馳走になった。

おかげで本当に楽しく、びっくりで有意義な一日になった。





nice!(24)  コメント(6) 

バラに酔う!-3 [ぶらり生活]

文字通り火焔のようなバラ


IMG_5244.jpg

                              (焔の波)


空をバックにしたバラも気分爽快になります。


IMG_5246.jpg



IMG_5248.jpg

                             (ロブロイ)


IMG_5250.jpg

                          (ゴールド バニー)


IMG_5252.jpg

                                (絵日傘)

この絵日傘が私の一番のお気に入りです。


IMG_5254.jpg



IMG_5255.jpg


IMG_5258.jpg

                   (ジュビレ デュ プリンセス ドユ モナコ)


なんだか舌をかみそうな花の名前だ!


IMG_5260.jpg

                       (ウルマー ミュンスター)


IMG_5262.jpg


IMG_5263.jpg


IMG_5264.jpg

                             (アホイ)


バラ園を堪能した後はクスノキの並木を散策


IMG_5268.jpg


蔓がまかりついて上まで伸びている高木を見上げると夏の青空が目に染みる。


IMG_5282.jpg


森のカフェで一休み。

カフェの前に広がる芝の広場で、仲の良い姉弟が父親のサックを二人で背負って

実に楽しそうに走り回っていた。

なんともほほえましい風景である。


IMG_5284.jpg


心が晴れ晴れとしたところで、植物園を後にした!

これで、このシリーズは終了です。






nice!(42)  コメント(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

バラに酔う-2 [ぶらり生活]

すごくきれいなんだけど、名前が多少はばかるような名前で・・・・・

フランス産だというけど、フランス人は、この名前をどんな風に感じるのだろうか?


IMG_5215.jpg

                            (チンチン)


IMG_5218.jpg

                      (プリンセス オブ ウェールズ)


IMG_5220.jpg

                      (ゴールド マリー ’84)


IMG_5222.jpg


この花の説明は下記参照


IMG_5225.jpg



IMG_5226.jpg

                         (フレンチ パヒューム)


IMG_5228.jpg

                                (オクラホマ)


IMG_5230.jpg



IMG_5231.jpg

                              (聖火)


IMG_5233.jpg

                         (つるサラバンドウ)


IMG_5235.jpg

                         (ケアフリーワンダー)


IMG_5237.jpg


IMG_5238.jpg


バラ園を歩いていたら、なんとバラの木の間にシートを敷いて寝てる人がいる。

サングラスをかけた男性外人!

なんでこんな所で寝るんだとちょっと不愉快!

昼寝するんだったら、近くに芝生があるし、そこでやって欲しいものである。

バラを楽しんでるときに、突然寝転がった人間がいるなんて、げんなりである。


IMG_5239.jpg


IMG_5240.jpg

                (ルーピング)


IMG_5242.jpg

                          (アンティツシモ)


次回につづく




nice!(21)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

バラに酔う!-1 [ぶらり生活]

寒い日が2~3日続いて、今日は暖かな好天に恵まれた。

季節のバラの季節になった。

さっそく、植物園のバラ園を訪ねてみた。


日本はバラの自生地として世界的に知られており、

品種改良に使用された原種のうち、
3種類(ノイバラ、テリハノイバラ、ハマナシ)は日本原産である。


古代、バラは「うまら」「うばら」と呼ばれ、『万葉集』にも
「みちのへの茨(うまら)の末(うれ)に延(ほ)ほ豆のからまる君をはかれか行かむ」

という歌がある。


バラが人類の歴史に登場するのは古代バビロニアの『ギルガメシュ叙事詩』である。
古代ギリシア・ローマでは、バラは愛の女神アプロディテやウェヌス(ヴィーナス)と関係づけられた。

また香りが愛好され、香油も作られた。

クレオパトラはバラを愛好したという。


とにかくバラの歴史は長く、品種改良されて、実に多種になっている。

人間の飽くなき欲求のたまものでもある。


バラ園への道でまず出会うのは、ここ、きれいな花壇が迎えてくれる。


IMG_5181.jpg



IMG_5184.jpg



IMG_5185.jpg


さっそくバラ園へ


IMG_5188.jpg



IMG_5191.jpg


バラが花盛りである。


IMG_5192.jpg

                              (マリーローズ)


IMG_5194.jpg



IMG_5196.jpg

                               (モンタナ)


IMG_5199.jpg

                                (栄光)


IMG_5202.jpg

                (つるサマースノー)


IMG_5204.jpg

                               (シンパシー)

菩提樹の下でちょっと一休み!


IMG_5206.jpg


すごい巨木である。


IMG_5207.jpg


このバラの名前がふるってる!


IMG_5208.jpg

                           (ヘンリーフォンダ)


IMG_5210.jpg


IMG_5211.jpg



IMG_5212.jpg

                         (コンチェルチィーノ)


今日はここまでです。あと2回シリーズで掲載予定です。

バラ園は、京都府立植物園です。




nice!(16)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

雨の日は美術館 [ぶらり生活]

GWの半ば、今日は雨!

雨の日は美術館がいい!

「ルドルフ2世の驚異の世界展」を見に佐川美術館に出かけた。


rudorufu.jpg


佐川美術館は、琵琶湖大橋の東岸から近い美術館通りにある。

回りを水で囲んだ中に建物がある。

まるで水の中の美術館だ。


IMG_5141-1.jpg



IMG_5143-1.jpg


ラウンジに、奇妙な造形の作品がデンと中央に鎮座していた。


IMG_5145-1.jpg


フリップ・ハースの「コロッサス:巨像」の模型だと書いてある。

人の顔らしきものなのだが、口から水が流れ出て

鼻や目は、建物

頭は山野でここにも建物が・・・・・

なんともヘンチョコな作品である。

これを見た友人は、この建物の入り口はどこだろうと探していた。

が、それらしきものは、ない!


IMG_5146-1.jpg


まあ、今日はこれが本題ではないので深く考えないことにする。

本命はルドルフ2世である。

彼は、神聖ローマ帝国皇帝なのだ。

そして、文化・科学の擁護者でもあっという。

ヨーロッパで大航海時代が始まった頃の人で

新しいもの・未知のものは、何でも取り入れていった時代でもあると思う。

見応えのある展示会であった。


観賞の後は、美術館のカフェで雨の庭を眺めながら談笑!


IMG_5149-1.jpg


カフェ

IMG_5150-1.jpg



IMG_5153-1.jpg



ガラス張りの通路

IMG_5154-1.jpg



IMG_5157-1.jpg


楽しい一日だった。





nice!(15)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ラコリーナ近江八幡に行く [ぶらり生活]

友人に誘われて「たねや」の本社のあるラコリーナ近江八幡へ出かけた。

なんでも友人のいうには、ここのバームクーヘンは、すごく美味しいとのことである。


IMG_5107-1.jpg


ラコリーナ(La Collina)とは、イタリア語で「丘」という意味らしい。

とにかく広い数百台もありそうな駐車場には、ほぼ8割方詰まっていて驚いた!

バックナンバーを見る限り近畿圏はすべて、関東地方からの車も多いのだ!

大人気のお店らしい。


IMG_5109-1.jpg


お店の屋根は、すべて草屋根なのだ!

今は、まだ緑が少ないがもう少ししたら下の写真のようになるという。


taneya.jpg

                              (ホームページより借用)


店内に入ると再びびっくり!

どの売り場も長蛇の列

見ただけで疲れたので2階のカフェでお茶にしようとしたのだが、ここも一階まで順番待ちの列!

でも、約30分ほどで座れた。


IMG_5110-1.jpg


店内の照明がしゃれている。


IMG_5111-1.jpg



IMG_5112-1.jpg



IMG_5114-1.jpg


一休みの後は、買い物は、あきらめて庭に出た。

ここでまた驚かされた。

広い敷地の真ん中に広い池があるのだ。


IMG_5115-1.jpg



IMG_5117-1.jpg



IMG_5118-1.jpg



IMG_5123-1.jpg



IMG_5124-1.jpg


向こうに見えるのが、「たねや」の本社建物だという。


IMG_5126-1.jpg



IMG_5131-1.jpg


IMG_5127-1.jpg


回廊の屋根の頂上には、木が植えてある。


IMG_5128-1.jpg


店舗の建物にも・・・・・・


IMG_5129-1.jpg


回廊の天井もしゃれている。


IMG_5133-1.jpg


話によるとさっき私が池だと思ったのは、池ではなく田んぼだという。

これから田植えが行われることになっている。

社員や協力者で田植えをするというのだから、なんともうれしい思いがする。


また、「たねや」は、企業内保育園「おにぎり保育園」まで運営していると言うから

ますます、この企業が好きになる。


IMG_5134-1.jpg



IMG_5135-1.jpg


赤い子供が、不思議そうに見入っていた。

子供にしてみれば「なんでやねん!」だろう。


IMG_5136-1.jpg


二階建てバスの中も店舗なのだ。

なかなか考えられた面白い企業だと思った。


IMG_5138-1.jpg


企業主のポリシーが伝わってくるお店でした!

なんかすがすがしい気分で帰ることが出来た。





nice!(20)  コメント(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

懐かしき場所 [ぶらり生活]

カフェ時代のお友達から、元カフェkazeの桜が満開だよと電話をいただいた。


で、4月13日にやっと出かけてみることが出来た。

かって私達がウエルカムロードと名付けていた入り口の桜並木が

まだ、花をつけて迎えてくれた。


IMG_5035-1-1.jpg


盛りは過ぎていたが、懐かしさには変わりは無いのだ!

車を止めて、カフェをしてた頃を回想してみる。

今は、人の手に渡ってしまったが、

桜は、元気だよと語りかけてくるのだ。


回りの山々には、山桜が咲き、

僕らも変わってないよと話しかけてくるようだ。


IMG_5043-1.jpg



IMG_5040-1.jpg



IMG_5049-1.jpg


ただ、裏の川の流れが減ってしまったような気がする。


IMG_5047-1.jpg


川向かいの別荘は少し化粧直しをしていた。


IMG_5039-1.jpg


上野さん宅の庭の木々も元気に花を咲かせている。

主なしとて春をわするな!何て言わなくても

しっかり春を満悦しているようだ。


IMG_5042-1.jpg


別れを惜しみながら、別荘に向かう。

別荘地は、人影もなく静まりかえって

春の日差しの中で、まどろんでいた。


IMG_5053-1.jpg


で、私もコーヒーを入れ、読書にふけった。

してることは同じでも、我が家とは違ってくつろいだ気分になる。

何しろ風の音以外何も聞こえないのだ。


夕方、帰り道のてんくう温泉により、露天風呂につかり

空を眺めていたら、西の空では、夕焼けが始まった。

なんか変わった雲が面白い!


IMG_5067-1.jpg


ほっこり気分で夜の道を走り、日常に帰った!




nice!(18)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

哲学の道 [ぶらり生活]

今年は桜の開花が例年になく早く、散るのも早かった!!!

さらに人でも例年になく多かったように思う。

きっと海外からの旅行者が増えた為だろうと推測する。

歩いていると、世界のいろんな言語が聞こえてきた。


IMG_4351.JPG


IMG_4409.JPG


この哲学の道はもともと、1890年(明治23年)に琵琶湖疏水が完成した際に、

管理用道路として設置された道である。

当初、芝生が植えられている程度の道であったが、ここを歩いて通行する人々が増えていった。


明治の頃、文人が多く住むようになり「文人の道」と称されていた。

その後、京都大学の哲学者・西田幾多郎や田辺元らが好んで散策し、

思案を巡らしたことから「哲学の小径」といわれたり、

「散策の道」「思索の道」「疏水の小径」などと呼ばれた。


1972年(昭和47年)、地元住民が保存運動を進めるに際し、

相談した結果「哲学の道」と決まりその名前で親しまれるようになった。


1972年(昭和47年)になって、砂利道の散策路として整備され、

さらにその後、1987年(昭和53年)に廃止された市電の軌道敷石を転用して、

歩行者が歩きやすいように敷石を並べたものとなって現在に至っている。


若王子橋から銀閣寺橋までの約1.5 km区間が、

1987年(昭和62年)8月10日の道の日に、

旧建設省と「道の日」実行委員会により制定された、「日本の道100選」の1つに選定されている。


哲学の道の桜は、近くに居を構えた日本画家・橋本関雪と妻・よねが、

1921年(大正10年)に京都市に300本の桜の苗木を寄贈したのに始まる。


寄贈の経緯は画家として大成した関雪が、

京都に対する報恩を考えた際によね夫人が桜を植えてはどうかと発案をした事による。


当初の木はほぼ樹齢が尽きたと思われるが、

佐野藤右衛門らの手により植え替えられ手入れされ現在に至っている。

代替わりをした今でも桜並木の名称として「関雪桜(かんせつざくら)」と呼ばれている。



IMG_4354.JPG


IMG_4358.JPG


IMG_4367.JPG


IMG_4370.JPG


大きな鯉がゆったりと泳いでいた。


IMG_4373.JPG


IMG_4374.JPG


和服姿の女性もちらほら


IMG_4382.JPG


いつもは、のんびりと疎水で釣りを楽しんでいるぬいぐるみ君だが

今日は、ショウウインドウの中に収まっていた。

観光客にびっくりしたのだろうか(笑)


IMG_5029.JPG


IMG_4384.JPG


IMG_4394.JPG


IMG_4395.JPG


IMG_4396.JPG


IMG_4400.JPG


白沙村荘 橋本関雪記念館の門のしだれ桜が目にまぶしい。


IMG_4402.JPG


IMG_4406.JPG


最後に付け足しだけど、我が家のボケの花満開になった。


IMG_4418.JPG


花の季節の到来だ!!!!





nice!(16)  コメント(3) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - ぶらり生活 ブログトップ